俳優の梅宮辰夫さんが十二指腸がんと報道

梅宮辰夫2.jpg

俳優の梅宮辰夫さん(78)が、8日発売の『週刊新潮』で十二指腸がんと報道されることを受け、

長女の梅宮アンナさん(43)が都内で緊急記者会見を行いました。


【写真】梅宮辰夫の報道を受け緊急会見を行う娘・アンナさん

 書面には、記事の件について「一人娘の梅宮アンナより、

父である梅宮辰夫氏の現状や容体をご説明させていただければと思います」と記されている。

スポンサーリンク




梅宮 辰夫(うめみや たつお、1938年3月11日 - )は、

日本の俳優・タレント・実業家。身長174cm、血液型はA型。
Feペディア(出典:Wikipedia)で詳細を見ました。

誕生日1938年3月11日

星座うお座

出身地満州

性別男

血液型A型

身長174cm

体重75kg・・意外と軽いですね。

デビュー年1958年

デビューのきっかけ1958年東映ニューフェイス5期合格

出典:日本タレント名鑑(VIPタイムズ社)

梅宮辰夫.jpg

さて、十二指腸がんとはどういうものでしょうか・

十二指腸ガンは初期のころはわかりにくいガンです。

症状がわかりづらいので、人間ドッグや細かい診断で初めて

わかるそうです。

それでも、非常にわかりにくいそうです。

十二指腸とは胃で消化されたモノの栄養を吸収する役割があります。

進行すると、腹痛とか嘔吐、下痢があるそうです。

この段階で、医師もわかるようです。  これでステージ2です。

早期であれば、早い治療で高い確率で治癒するそうですので

梅宮辰夫さんも、無事に治るといいですね。

進行すると当然抗がん剤を使うことになりますが

どんな状態かは、ご家族しかわかりません。

最近芸能界でもガンで闘病生活の方が増えてきましたね。

梅宮アンナ.jpg
私事で恐縮ですが

友人が咽頭がんになり、大学病院で治療して、民間療法と

化学療法をしながら完治した人がいます。約3ヶ月。

民間療法は私が勧めた方法ですが、抗がん剤の副作用がなくて良かったと言われます。

現代の亡くなる原因の三大疾患は、ガン・心筋梗塞・脳梗塞です。

抗がん剤によって逆に免疫力がなくなり弱体化することもあります。

抗がん剤も良し悪しですね。

暖衣飽食の時代において、食に質素な生活をすればこの三大疾患にはならない気がします。

贅沢になった時代ですが、旬の食材を食べて適度な運動をして腹八分で生活をすれば

心豊かで健康な生活ができそうですね。

梅宮辰夫さんも元気になられて、大好きな釣りを思う存分して欲しいと願っています。

ではこの辺で。ありがとうございます。






スポンサーリンク