すし善社長、嶋宮勤氏の「あなたのために握る寿司」

すし善寿司.jpg

 一流の条件というものはどんなことでしょう。

私にとってその答えがよくわかる人物がいます。

すし善3.jpg

「北の迎賓館」と呼ばれる寿司の店を経営されている嶋宮勤氏です。

すし善という店を経営されています。
すし善2.jpg

中学を卒業されて、15歳で単身東京に働きに出ていきました。ご両親の反対を押切り

半ズボンに下駄履きという出で立ちで青函連絡船に乗り「蛍の光」がかかる中、涙で

咽びながらの状況だったそうです。

当てがあって上京したわけでもなく、何の仕事をしたいというわけでもなく、

路頭に迷っていたところ、知り合った男性に、仕事を紹介してやるからと言われ

即座に嶋宮勤さんは「住み込みで働けるところがいい」と伝えました。

その時に、紹介されたのが、銀座の寿司屋でした。食器洗いや配達、お茶やおしぼりを

出していたそうです。下積みの仕事です。その時代はサラリーマンが月給1万の頃、3千円

お給金を頂いていたそうです。そんな生活が3年近く続いた後、里心がついて、店を飛び出し

北海道に帰ったのです。



そうして札幌の寿司屋で勤め、26歳の頃独立しました。独立した時の屋号(のれん)は大阪の

寿司や和食の職人を手配している(現在で言えば人材派遣)入れ出しの社長に気に入られていたので

その社長の店の「寿司善」を使っていいと言われたそです。そこから「すし善」という店になったそうです。

独立したばかりの頃は、客が全く来なくて困っていたそうですが、そこに五木寛之さんが来られ

週刊朝日の連載に店のことを書いてくれたそうです。それからお客様がご来店するようになり繁盛

したそうです。また、倉本聰さんと高倉健さんがよく来られているそうです。倉本聰さんとは嶋宮勤さんと

仲良くて、高倉健さんを連れてきてからの縁だそうです。

すし善の嶋宮さんの、プロとしてのエピソードがあります。これを読んで私はブログに書きたいと思いました。

すし善店.jpg

ある日、アメリカ人の記者から

「あなたの握る寿司と回転寿司の違いは何ですか」って聞かれたことがありまして、

私はこう言った。

「俺の寿司はあなたのために握る寿司だよ。回転寿司は誰のためでもなく機械が勝手につくっている。
 その違いだ」と。

そうしたら、みんな立ち上がって拍手してくれましたけど、そういう気持ちでずっとやっています。

さすがの名言です。創業45年で、札幌に5店、銀座に1店もち、「現代の名工」に表彰され黄綬褒章を

受けた闘魂の男。すし善社長、嶋宮勤氏の話を少しだけさせて頂きました。ぜひお店訪問されてみたら?

ではこの辺で。ありがとうございます。

スポンサーリンク




すし善地図.PNG








スポンサーリンク